• トップ /
  • 妊娠!事務の仕事!適度な運動!

妊娠中の事務仕事について

妊娠!事務の仕事!適度な運動!

妊娠中の運動と過ごし方

事務の仕事をしていて、妊娠している人は、運動不足にもなりやすい傾向にあります。安産のためには、安定期に入ったら、適度な運動が必要になります。事務職の人は、1日中座っている仕事の人が多い為、通勤や、駅までの距離を歩く程度になる人も多いです。安心して子供を産む為には、体重の増加にも気をつける必要があります。食事の量が増えると、体重の増加につながるので、気をつけて食事をとることが大切です。妊娠中の初期は、子供の頭や、臓器など大切な部分が形成される時なので、激しい無理な運動をしないように心がけることが大切です。5か月を過ぎて、安定期に入ったら、ウオーキングや、水中での運動など、体調に合わせて取り入れると良いでしょう。事務の仕事の人は、育児休暇を取る9か月頃まで働く人も多いです。運動量が減ると、安定期後は、体重が増加する傾向が高いので、お腹のハリに注意をしながら、疲れすぎない程度に身体を動かすことが大切です。妊娠期間の過ごし方で、赤ちゃんが生まれてくる時も、安産につながるので、無理のないようにして、その日の体調に合わせながら、軽くウオーキングをしたり、散歩を心がけるようにしましょう。適度に体を動かすことが、安産につながります。

↑PAGE TOP